馬の能力と騎手の技術

競馬というものは馬の能力で全てが決まる!そう思っている人が多いと思います。
ですが、目立たないながらも騎手というものは、馬が早く走るために必要不可欠な存在です。
名騎手なくして名馬は産まれないという言葉もあるように、騎手の技術というものは競馬においてとても大切なものです。
そのような優秀な騎手を育てるのが、競馬学校と言われる場所です。

騎手を目指すのであれば、競馬学校を利用しない訳にはいきません。
何故ならば、この競馬学校で3年間学ぶことにより、初めて騎手試験の受験資格が得られるからです。
しかし、競馬学校に通うためには、条件がいくつか存在するため注意が必要です。
まず1つ目の条件が、中学の卒業見込みがあることです。
この条件は日本の義務教育であるため、間違いなく大丈夫と言えるでしょう。
2つ目は体重です。
騎手になるためには、体重制限があります。
体重が45キロまでという、なかなかにシビアなものであるため、騎手になりたい人は体重管理には気をつけましょう。
この体重管理というものは、競馬学校を卒業して、騎手になった後も常に付いてくる問題です。
そのため、早いうちから体重管理というものを覚えていきましょう。
最後の条件が視力です。
騎手というのは目が良くなければなりません。
そのため、裸眼で0.8位上の視力が必要です。
騎手になろうと思っている人は、目を悪くしないように、ケアを欠かさずしていきましょう。

イチ押しリンク

競馬学校に合格するための方法を知りたいなら/競馬学校の受験対策

アーカイブ

カテゴリ

  • カテゴリーなし